現在のページ : トップページ

塾講師として勤務する

塾講師として働く時には、生徒たちの出欠の確認をとってみたり、教えることのほかにもしなければならない業務があることでしょう。
また、子供たちにとってよい講師と思ってもらえるように、また塾のほかのスタッフたちからも好印象を持ってもらえるように、私服であっても服装には気をつけるようにしてみてはいかがでしょうか。
社会人としてのマナーを示すように努力していれば、やがては認められることでしょう。
塾講師として生徒たちに教える時にプロの意識を持って教える人もいます。すでに塾講師として勤務して何年も経過するといった場合であれば、ベテランの講師として評判を得ることになるかもしれません。

丁寧に教えるということで知られる人もいらっしゃることでしょう。
大学生の塾講師アルバイトの場合は、土日を主に希望することもあるでしょう。また、特定の科目しか教えられないといった人もいるかもしれません。
初めて塾講師として教える場合には自信がないのでまずは一科目から教えることはできないか、塾の事務所に行って相談してみることもできるでしょう。
文系なので社会や国語といった科目ならば教えられると考えることもあるでしょう。
教える相手に緊張や不安を伝えてしまうことのないために、ある程度教えることに慣れるまでは希望する科目だけで教えてみることもできるはずです。
塾講師として教える時にはテンポよく授業を進めていくことも大切なのではないでしょうか。